低侵襲・新治療開発による個別化癌医療確立

TOP

拠点リーダー挨拶

組織

研究プログラム

教育プログラム

COEメンバー

研究成果一覧

組織
組織

概要

本拠点は慶應義塾大学大学院医学研究科と理工学研究科教員から構成され、総合医科学研究センターと慶應義塾大学病院を中心とした施設で、基礎・臨床研究が進められます。強力な学内医工連携、連携大学院を構成する学外研究機関や産学共同リサーチパークを介した企業との連携、国際テレカンファレンスシステムによる海外癌研究機関との連携などの体制が整えられており、得られた成果は慶應義塾大学知的資産センターにより知的資産管理運用が行われています。

総合医科学研究センター/産学共同リサーチパーク

文部科学省学術フロンティア推進事業の一環として、医学とその他の分野の融合研究の発展と生命医科学の研究成果の社会還元、発展に寄与することを目的に、2001年に信濃町キャンパスに設立された本センターは、基礎研究室のあるコア部門と、本学、学外研究機関および関連企業が一体となって融合研究を推進するリサーチパークから構成され、本拠点に関連して多くのプロジェクトが進んでいます。センターには「共同動物飼育施設」、「慶應フロンティア アニマル オペレーティングルーム」、「RI実験施設」、「共同利用研究室」が整備され、本COE拠点形成により、新たに「医工連携室」、「低侵襲手術トレーニング・教育センター(MISTEC)」、「慶應ベクタープロセッシングセンター(KVPC)」、「臨床検体保存管理室(試料保管室)」を設置しました。この最新の環境下で、21世紀型の新しい戦略的・創造的研究を推進することが可能になり、また先進的な腫瘍医学研究者・医師が養成されます。

慶應義塾大学病院

日本有数の豊富な症例を誇る大学病院は、本COE拠点の目的である「基礎研究成果を医療として早期実現化を計る」というtranslational researchの中核であり、2003年からGMP準拠セルプロセシングセンターが稼働しています。2006年度にはClinical Research Centerが設置され、臨床試験が効率よく適切に実施できるようになりました。最新の設備と多数の専門医を備えた最先端総合病院として腫瘍専門医の養成を行い、本拠点の成果は本大学病院を起点に国内外に発信され社会に還元されます。

慶應義塾大学知的資産センター

知的資産、特許等の管理運用は、技術移転機関(TLO)である本センターにより行われ、慶應義塾の技術を社会へ移転します。本拠点による特許出願と技術移転が進行中です。2002年から文部科学省産学連携研究推進事業の補助を得て、本拠点関連大学発バイオベンチャー企業が設立され、診断・治療法開発へ向けた実用化研究が進んでいます。

Copyright © Keio University. All rights reserved.

English Site KEIO UNIVERSITY