低侵襲・新治療開発による個別化癌医療確立
English Site
KEIO UNIVERSITY
TOP 拠点リーダー挨拶 組織 研究プログラム 教育プログラム COEメンバー 研究成果一覧
 
シンポジウムのご案内
プログラムの概要
プログラムのポスター
会場地図
参加申込フォーム
公開シンポジウム2004の概要
公開シンポジウム2006の概要
シンポジウムのご案内 

21世紀COEプログラム
「低侵襲・新治療開発による個別化癌医療確立」 国際シンポジウム
"Act Now for the Future−Recent Advances in Individualized Cancer Therapy"


【日時】2006年11月15日(水) 10:00〜17:30   
【場所】慶應義塾大学医学部(信濃町キャンパス)新棟11階大会議室
(会場地図はこちら

 
<プログラムの概要>
10:00〜10:10 ■Opening Remarks
安西祐一郎 (塾長)
池田康夫(医学部長)
北島政樹 (COEプログラム拠点リーダー)
10:10〜12:30 ■Sentinel Node Navigation
Chairs: 北島政樹 / 北川雄光 / 中村佳代子 (慶應義塾大学)
◇ Live Demonstration and Teleconference (Seoul⇔Tokyo)
  Live Demonstration of Sentinel Node Navigation Surgery for Gastric Cancer
  Han- Kwang Yang (Seoul National University, Korea)
◇ "Sentinel Node Imaging for Minimally Invasive Cancer Therapy"
  藤井博史 (国立がんセンター東病院)
◇ "Clinical Relevance of Molecular Metastasis in Sentinel Lymph Nodes in Solid Tumors"
  Dave S. B. Hoon (John Wayne Cancer Institute, U.S.A)
12:30〜13:30 ■Lunch Time
13:30〜14:50 ■Robotic Surgery
Chairs: 森川康英 / 中澤和夫 (慶應義塾大学)
◇ "Research and Development of Computer-Assisted Surgical Robot
  -New Robotic and Haptic Forceps -"
  小澤壯治 (藤田保健衛生大学 坂文種報徳會病院)
◇ "New Computer Technologies Applied to Minimally Invasive Approach of Cancer:
  Telesurgery, Simulation and Robotics"
  Jacques Marescaux (IRCAD-European Institute of Telesurgery, France)
14:50〜15:05 ■Coffee Break
15:05〜16:15 ■Innovative Therapy
Chairs: 栗林幸夫 / 河上裕 (慶應義塾大学)
◇ "A Novel Therapeutic Approach to Hepatic Malignancies"
  田邉稔 (慶應義塾大学)
◇ "Personalized Peptide Vaccination for Advanced Cancer"
  伊東恭悟 (久留米大学)
16:15〜17:25 ■Personalized Medicine
Chairs: 青木大輔 / 木崎昌弘 (慶應義塾大学)
◇ "Present Studies and Future Prospect of Individualized Anticancer Treatment
  with Chemosensitivity Testing"
  才川義朗 (慶應義塾大学)
◇ "How Should We Prove Potential Importance of the Use of Chemotherapy Sensitivity
  and Resistance Assays for Individual Cancer Chemotherapies"
  谷川允彦 (大阪医科大学)
17:25〜17:30 ■Closing Remarks
河上裕(COE事業推進担当者/先端医科学研究所 教授)